離婚には大きな心理的プレッシャーがつきまといます。

不安と迷いの中で離婚をすすめながら、誰かに話を聞いてほしい、中立的な立場から的確なアドバイスが欲しい、と考える人は少なくありません。

しかし親類や友人に相談したら夫婦のプライバシーが漏れてしまい、あっという間に知り合いの間で噂になっていたという経験も多いのではないでしょうか。

All About情報ならこちらをご利用ください。

このように、身近な人に相談すると知られたくない夫婦間のトラブルが周囲に漏れてしまう危険があります。

また、相談を受ける側が素人なので法律や専門知識に欠けるアドバイスしか得られません。

愚痴をきいてもらってすっきりする効果はありますが、離婚に役立つ専門的なアドバイスは受けられませんし、偏った意見に惑わされてしまう危険が伴います。



一方、離婚カウンセラーには守秘義務がありますので、込み入った夫婦間の事情についても話しやすく、外部に私的な内容が漏れる心配がありません。

利害関係のない赤の他人だからこそ偏らずに客観的な視点からのアドバイスが可能です。
離婚カウンセラーは離婚にかかわる専門知識を広く持っているので、具体的に離婚を有利にすすめる手伝いをしてくれるほか、必要なら弁護士の紹介、児童相談所への連絡、医療機関などを紹介してくれます。

また離婚カウンセラーは離婚を強引に後押しすることも、無理に引き止めることもしません。

離婚のカウンセラーの資格はとにかくお勧めです。

どうすることが相談者にとって一番メリットがあり幸せなのか、という観点から助言をするのが仕事です。